2008年09月11日

『白鯨』を読む

 久しぶりに長編小説(それも大長編)を読んだ。『白鯨(MOBY-DICK OR THE WHALE)』。 日本では小説より映画のほうが有名という印象を持っているが、それは私と『白鯨』の初対面が映画だったからかもしれない。
 とにかく私が同名映画を見たのは、たしか小学校低学年の頃だった。もしかしたら記憶違いかもしれないけど、鯨が跳ねるように去っていく姿と、ラスト、イシュメールが棺桶に入っていくシーンを覚えている。楽しんで鑑賞した記憶があるが、内容はまったく覚えていない。

 とまあ、とにかく『白鯨』を読んだのだが、「知的ごった煮」といわれるだけあって、まさに「ごった煮」だった。イシュメールはあちこちに飛び回り(一人称などまるで無視)、鯨学、捕鯨のノウハウ、聖書、宗教学、歴史、地理、解剖学、etc。ときには舞台の台本のような文章になったり喜劇的要素を含んだり。
 ちょっと無茶な部分もあったりするのだけど、そんなディテールは吹き飛ばしてしまう絶対的なパワーを持っている。私が持っている小説のイメージなど矮小なものなのだと、小説は私が思っているよりもはるかに自由なのだと感じさせる一冊だった。オススメ。

 白鯨(モービィ・ディック)はアメリカ人が持つ意識の総体や理想(のようなもの)のシンボルであり、ピークオッド号は人種のるつぼと化した現実のアメリカを示している、そして最終的にピークオッド号(アメリカ)が敗れ去り、理想が逃げていく話なのだ――という説があるらしい。あくまで一つの説でしかないけれど、そういうふうに言われると「なるほど」と思ってしまう。
 くしくも今日は9・11。このタイミングで『白鯨』を手に取ったのはどういうことだろう? シンクロニシティだって満更ではない。別に意味なんてないかもしれないが、偶然の一致によって世界は作られていると言っても間違いではないのだし。

 訳者のあとがきを読んで知ったけど、イシュメールとクイークェグは同性愛の関係なんだとか(またはそういう可能性があるのだとか)。気付かなかった……。時代を考えると、かなり勇気あるプロットだと思う。
 やっぱり小説は自由です。

posted by タチバナ at 14:16| Comment(0) | 本の紹介

2008年09月03日

Firefox×GyaO×ブラウザ戦争

先日の記事「Firefoxを使う人」の中で、「Firefoxで不満を挙げるなら、GyaOを見ることができないこと」と書いたけど、じつは見る方法があった!

アドオンの一つである『IE Tab』というのをインストールすれば、Firefoxを使用中にIEに切り替えることができる。さっそく使ってみたけど、ちゃんとGyaOを見ることができました。
登録したURL中のページを自動的にIEで表示することもできる。これもまた便利だ。こうなってくると、もうIEを使うことがなくなってしまいそうな気がする。

2008年9月2日にGoogleが独自のブラウザ『Chrome』を公開した。さっそく使ってみたのだけど、明らかに荒削りだ。これならば(現段階では)Firefoxのほうが断然いい。
しかしながら、Googleのホームページのようにシンプルでサクサクしたイメージだし、機能を追加するスペースも広い(画面的そして容量的にも)。Googleのサービスとうまくリンクさせていくことができれば、かなりすごいブラウザになるのではないか、という予感も……
まあ別にブラウザマニアじゃないんだから、焦ることはない。しばらくは様子見ということで。
posted by タチバナ at 22:45| 一言/覚書

2008年08月31日

Firefoxを使う人

少し前にFirefox3が出ていたので、ちょっと遅いけどダウンロードし、使ってみた。
まあそこまでの違いはないけれど、相変わらずの使い勝手のよさだな、という感じだ。読み込み速度も速くなっているような気がする、なんとなく。
Firefoxで不満を挙げるなら、GyaOを見ることができないこと。たしかアクティブなんとかという機能に対応していないかららしいが、そのおかげでウイルスに強くなるらしく、ブラウザとして1つの「売り」にもなっているようだが。
よほどのことがない限り今後もFirefoxを使うと思うけど、そのへんちょっと改良してもらえませんかね、というのが実直な願い。もしかしたらGyaO側の問題かもしれないけど。

前に述べたように、バージョンアップによる不満は別にない。
ただ気になるのは、以前はタブの左側に「+(プラス)」のアイコンがあって、それをクリックすると新しいタブを開くことができたのだが、それがなくなっていることだ。まあ、右クリックまたはダブルクリックでも開くことができるので不便には感じないけど、でもなんだか名残惜しい。

『All in One Gestures(オール・イン・ワン・ジェスチャー)』というアドオン(追加機能)があるのだけど、これがとんでもなく便利だ。わずかなマウス操作であらゆる機能を引き出せる。
Internet Explorerなんかでは、前のページに戻りたいときは、左上にある「戻る」ボタンをクリックしなければならない(右クリック、あるいはキーボードでも可能だけど、まあ基本的に)。いずれにせよ、マウスを所定の場所に移動させ、クリックするのは結構めんどくさいものだ。
『All in One Gestures』では、右クリックしながらマウスを左に動かすだけで前のページに戻ることができる。もちろん進むこともできる。タブを開くこともできる(そうか、だからプラスのアイコンはなくなったのか!)。
このアドオンを使っている人は、Internet Explorerを使っているときも、思わず右クリックしながら左へ動かしてしまう経験を持っているものと確信するのは私だけではないはずだ。

まだほかにも改善点はあると思うけど、まだ見つけていないし、とりあえず実感はない。これから少しずつ使えるようになればなあ、とそれくらいに考えています。
とまあそういうわけで要するに、Fireox3はなかなかよかったです。
posted by タチバナ at 13:38| Comment(0) | 趣味・趣向

2008年08月25日

ダブルショック

公開中の映画『The Dark knight(ダークナイト)』。
ナイトをNightだと思い込んでいたのは私だけなんだろうか? これじゃあまるっきり『探偵ナイトスクープ』と同じトリックじゃないですか、と思ったりもしたのだけど、たぶんそんなことを言っているのはかなり少数派だと思う。
しかしまあ、劇中でも「夜明け前が最も暗い」云々と言っていたので、まんざらNightが間違いというわけでもなく、たぶん意味が係っているのだろう。NightとKnightは発音も同じだし。

とにかく『ダークナイト』を見て、かなりガツンとやられてしまったワタクシですが、立て続けに大江健三郎の『万延元年のフットボール』でもやられてしまった。



はじめのうちはちょっと読みにくいけど、リズムに慣れてしまえばあとは小説の世界に飲み込まれてしまう。もっとはやくに出会っておけばよかったな、と思う一冊。
『万延元年のフットボール』は、三田誠広の『深くておいしい小説の書き方』でも紹介されていた(たぶん……私の記憶が確かならば)。ということはつまり、「深くておいしい小説」ということ。

夏を回想すれば誰でも、いくつかの物語が胸に浮かぶもの。年を重ねるごとにそういう体験は少なくなって、少し寂しくもあるけど、映画や小説はそんな寂しさや物足りなさを埋めてくれるような気がする。もっとポジティブな捉え方だってできるけど、そんな一面があるのも事実。
「映画って本当にいいもんですね」という名言があるけど、それと同じくらい小説もいいもんです。

posted by タチバナ at 00:33| 本の紹介

2008年08月16日

勉強しなさい! という親

誰でも一度は親に「勉強しなさい!」と言われたことがあるかと思う。もちろん私もだ。だいたい、小学校から中学校の間に言われることが多い。
私がアルバイトをしていた高校生のとき、一緒に働いていた先輩(かなり年上)の子供が、「勉強しなさい!」年代に突入した。
「どうやったら子供が勉強するようになるんだろう?」と相談されたのだが、なかなか難しい質問である。

でも一番の解決法は、自分(親)が勉強することではないか、と私は以前から考えている。少なくとも、家に本がなければ子供は読書家にはならないだろう。自分はテレビばかりみているのに、子供には勉強しろというのは、ちょっと違うのではないかと思う。
医者の子供は医者になり、肥満の親の子供は肥満児になる――とは限らないけど、その確率は高い。勉強家の親から勉強家の子供が生まれるとは限らないが、少なくとも確率は高くなる。
確率という言葉に抵抗があるなら、「可能性」や「選択肢」と言い換えてもいい。低いよりも高いほうが、狭いよりも広いほうが、ずっと好ましいと思えるはずだ。
「勉強しなさい!」とうるさく怒鳴るより、静かに本を開くこと。よほど子供にとって好影響だと思うのだが、どうだろう。

まあ、子育ての経験がない私が言ったところで、まさに絵に描いた餅、机上の空論だ。でも私は思うんだけど、もし私が子供の頃に、テレビがついている時間が実際の半分だったら、もっと日々の生活から学ぶことが多かったのではないかと感じている。もっと文化的だったのではないかと。
あくまで予想なので、効果があるかどうかは今のところ謎だ。

と、こういうことを言ったら、「なるほどねぇ」と妙に納得されてしまった。できるだけ実践してみるとのこと。昔から物事に対し、すぐにアクションを起こす人だった。それが理由かは分からないが、いつもなにかしら食べていて、燃費の悪い人だと思っていた。いずれにせよ、行動的なライフスタイルはいまだ健在みたいだ。
さて、どういう結果になることやら……。でも悪影響はないと思いますよ、絶対。

「これからは英語がしゃべれなければいかん!」という信念から、何十年と英語を学び続けたけど、結局マスターすることはできなかった、ある男。しかし彼の息子は外交官になり、娘は海外の大学で、英語で教鞭をとるようになったとさ、という話を思い出した。誰かは忘れたけど。親が子に教えられることって、こういうことなのかもしれない。
posted by タチバナ at 13:58| Comment(0) | 心理

2008年08月14日

夢で再確認

 自分の体験がはっきりと夢に出てくることは少ないのだけど、たまに学生時代の風景が夢にあらわれることがある。きのうはそうだった。

 私は大学の教室にいて、友人その他、見たことのある顔が揃っていた。教授らしき人が講義をしていたのだけど、誰も話を聞いていない。テストは持ち込みありだし、ノートと出席さえクリアしてしまえばどうにでもなる、それに単純に話を聞いていてもおもしろくないし、という雰囲気。どの大学でも、よくある風景だ。
 そういうところで目が覚めた。

 学校とは基本的に人の話を聞く場所だ。「人の話を聞きなさい!」という先生の声がよみがえる。まあ大学くらいになると、サボるのも授業のうちみたいなところがあったりもするけど、それでも基本的に話を聞き、自分の話も聞いてもらうのが暗黙の了解として存在する。
 しかし人間は――恐らくかなり以前から――難しく、分かりにくく、おもしろくない話を聞くようにはできていない、理由がない限りは。たぶん大学教授の話が退屈なのは、ずっと学校にいるからではないだろうかと推測する。話を聞いてもらって当然だから、おもしろくする必要なんてない。その結果、いつまでも退屈な講義を続けてしまう。
 これはワンマン社長やガンコ親父にも当てはまるかもしれない。工夫しなくても話を聞いてもらえる立場。まあ、人によりけりだけど。

 おもしろさだけがすべてじゃないし、大学生になったのなら話くらい聞けという意見もあるけど、今の若者はそううまくいかないですね。
 どっちもどっちなんだけど、とりあえず「あの時は話を聞かず、先生に悪いことしたなぁ」と夢の中でちょっと反省してみたりして。夢にはこういう使い道もあるのかも。
posted by タチバナ at 14:58| 夢判断

2008年08月12日

夏になるとアクセスが落ちると言うが

サイトのアクセス数は、インターネットを利用している人の数は大きく影響する。つまり分母。
インターネット利用数が倍になれば、自分のサイトのアクセスも倍になる、とまあそんなに単純ではないし、相対的に考えれば意味のないことなんだけど、そういうこと。

夏になると、世間の人は(私も含まれているわけだけど)外出が多くなるし、わざわざ部屋に閉じこもってネットをやる人は少なくなる。したがってアクセス数は下降気味になる。
夏とは反対の理由で、冬はアクセスが伸びる。たしかに寒い日に外出するのはつらいので、ネットで買い物という方向になりやすいような気がする。
おおむねどのサイトでもそうだけど、ネットショップ系のサイトは特に顕著なのだそうだ。
しかしながら、この時期に何に投資するかで、1年間の売り上げが変わるとのこと。スポーツ選手が冬に走りこみをするのと同じように、ネットショップは夏場に足元を固める。どの業界も、肝心なのは足腰なんですね。

ということで、この「夏場アクセス減少説」が本当かどうか確認するため、久しぶりに自サイトのアクセス解析を見てみると……ほとんど変化なし……。
季節に影響されないジャンルなのかもしれないが、今のところ真相がどこにあるのか分かりません。いいことなのか、悪いことなのか。
posted by タチバナ at 13:42| Comment(0) | その他

2008年08月09日

よこしまくん

「絵本なんて子供が読むものだ」と決め付けてしまうのは損だ。
幼少のときに摂取できなかったものを補っているのか、なんなのか。別になにも意識していないけど、時々読みたくなるのはなぜだろう。

久々に魅力的なキャラクターを発見。その名は『よこしまくん』。
まるで自分がトレースされたみたいで、読みながら苦笑いをしてしまった。「テレビっ子」という部分はちょっと違うけど。
もしかしたら、私に限らず誰が読んでも、『よこしまくん』の中に自分を発見できるのかもしれない。誰もが抱えている、「指摘されたら苦笑いしてしまう部分」を集めた存在、それが『よこしまくん』。

検索するとサイトがありました。

よこしまくんオンライン
http://www.iri-seba.com/yokoshima/


なぜか憎めないよこしまくん。はまってしまいそう。

posted by タチバナ at 13:50| Comment(0) | 趣味・趣向

2008年08月07日

Google Mapのストリートビューを使ってみた

Google Mapの『ストリートビュー』がおもしろいという噂を聞いたので使ってみた。

確かにおもしろい。大抵の人はたぶん、一番はじめに自分の家とか近所を見ると思うので、私も例にならって見てみた。
私が住んでいるところはちょっと田舎……というほどじゃないけど、とにかくまだ巡回されていなかった。住宅地なので今後も対象になるかはやや疑問だが。残念。
でも運よく(悪く?)自分がばっちり映っていたりしたら、ちょっと複雑な気分になりそうだ。

仕方がないので、よく行く場所やゆかりのある地域なんかを見てみると、なんと通っていた大学の前に知人を発見!
大学に残って研究を続けていると聞いて、影ながら応援していたが(実質なにもしていなかったが)、こんなところで再会するとは。人の縁は不思議ですね。

難波駅前はいつも人であふれているのだが、写真にはポツリポツリとしか人影がなかった。早朝と推察できる。あくまでマップなので、人ばかりうつしても意味がない。道路と街並みを見せるために撮影の時間帯を工夫しているのだろう。偶然かもしれないけど。
人が映っているのだから、当然「自分が写っていた!」ということがあるはずだ。中には、いかがわしい場所や見知らぬ人と写ってしまった人だっているのではないだろうか。いるに違いない。
削除要請ができるそうだが、本当に消してくれるのだろうか? 少なくとも人の記憶までは消してくれないので、そのあたり注意が必要ですね。

使い勝手はなかなかいいと思うし、従来の地図にプラスアルファで利用できそうだ。
見た感じでは印刷することはできないみたいだが、どうなんだろう? もし無理でもプリント・スクリーンを使えばできそうな気がするが。ページ自体を印刷という手も。
同じ事を考えている人は多いだろうから、そのうち分かるだろう。
posted by タチバナ at 13:38| Comment(0) | 日記

2008年08月04日

2001年は過ぎましたが

ギャオの『昭和TV』で、映画『2001年宇宙の旅(2001:A Space Odyssey)』をやっている。この映画にはかなり衝撃を受けて、鑑賞後に心臓にじっとりとするものを感じ、そのまま1、2週間消えなかった覚えがある。
一般的にスケールの大きいテーマを扱うときには、個人のフィルターを通したり、細分化したりするものだけど、これはデカイものをデカイまま扱ったという印象を受けた。スイカ丸呑み。
今まで見た映画の中でベスト1……とまではいかないかもしれないが、少なくともベスト5には入ると思う。ワタクシ的には。

ま、途中ちょっと気を抜いたら眠くなってしまう場面もあったり、現在の感覚で見ればコンピュータに古さを感じることもあったりするけど、まあそれはそれとして。


2008年9月1日までやっているので、興味のある人はぜひ。


【外部リンク】

GyaO - 昭和TV
http://www.gyao.jp/showa/

posted by タチバナ at 23:02| Comment(0) | 趣味・趣向