2009年04月23日

クサナギ×体重×ワカンナイ

 草gさんが公然わいせつ罪で逮捕されたとか。中国のファンが嘆いているとか、韓国版『花より男子』の日本でのプロモーションがスマスマの放送自粛によって危ういとか、多方面に波及しているようだ。
 
 こんなどうでもいいようなことを、なぜ問題にするのだろう? 誰もたいした迷惑を被っていないではないか。人がいない公園で酔って裸になるのは、そりゃ良いことではないけど、ちょっとお咎めを受ければすむ程度のことだ。笑い話にすぎない。
 なぜ責任問題や放送自粛にまでつながるのか、理由が全然分からない。
 今の段階で報道されている要因だけで考えれば、あまりにも事を大きくしすぎなのは明らかだ。むしろ私は「草gさんは普段、こんなにロックなことしてんだなあ」と、妙に親近感を覚えたよ。
 尿検査で薬物反応が出ていないのに家宅捜索をする警察も変だ。なにを捜査するつもりなのか。芸能人の部屋を見てみたいのだろうか。

 不祥事のニュースを見ていると、謝っとけばそれでOKという意図を垣間見ることがある。日本人は誠意、言い方、そして謝罪が好きだ。しかし社長が頭を下げるだけで満足していては本末転倒である。
 サッサと右へならえの対応で済ませてしまって、ほとぼりが冷めるのを待つのでは、何も考えていないのと同じだ。人々の無思慮な言動、好奇の眼差し、組織の都合――そんなもので個人が大きく損なわれる。これほど気味の悪いものはない。

 
 そんなこんなで、ヤフーを見ていたらこんな記事を発見。

【成人後、体重減ったら気をつけて 「増加」より死亡率高く】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000156-san-soci

 なんだか変な記事だ。

>>男性では体重が減った人は、変わらなかった人に比べ1・4倍総死亡率が高く、逆に体重が増えた人の死亡率は低かった。

 体重が減った人の死亡率は1.4倍と具体的な数字が出ているのに、もう一方は「死亡率は低かった」と数字を明らかにしないのはなぜだろう?
 20歳のときは肥満で、その後ダイエットした人は除かれるのだろうか? 「健康管理に注意」って、つまりどういうことなのか、何にどう注意すればいいのか、などなど。ツッコミどころが多すぎて何を言えばいいのかさえワカンナイ。
 なんだか今日は井上陽水なみにワカンナイことが多かった。
posted by タチバナ at 21:38| 日記

2009年04月22日

ニュースを時系列で表示するらしい

「Google News Timeline」という機能ができた。まだ試験段階だし英語版しか用意されていないが、いずれ日本語版もできるだろう。

世の中の流れをニュースで時系列表示する「Google News Timeline」

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/21/23220.html

Google News Timeline
http://newstimeline.googlelabs.com/

 インターネットでニュースを観るとき、いつももどかしい思いをしている。せっかく記事をすばやく検索できるのに、時系列で探すことができない(できるのかもしれないが、私はやり方を知らない。たぶんほとんどの人は知らないはずだ)。関連した記事を遡って探すのは、検索機能が進んだ現在でも時間がかかるし、めんどくさい。
 知識は他の知識と関連付けて、体系的に理解しないと役に立たない。一つの知識(や情報)が頭のなかにポツンとあるだけでは意味がない。それまでの経緯が重要だ。「Google News Timeline」が頭の中を秩序立てるのに一役買ってくれるのではないか、と期待している。

 日本語版が完成したら時事問題を長々と語る人が増えるかもしれないなあ、なんて思ったりするのだが、ちょっと考えすぎかもしれない。
posted by タチバナ at 22:19| 一言/覚書

2009年04月06日

めんまさんに続き

 この猫も良し。

Yukke ちゃんねる
http://www.youtube.com/user/brunello1997



 三毛猫の99%はメスらしいです。この子はどうなのだろうと思って調べてみたら……やっぱりメスでした。


 それにしても、野良猫駆除の広告入れるの止めてくれないかな。
posted by タチバナ at 20:31| 趣味・趣向

2009年03月24日

連休は奈良公園へ

 行きました。
 近畿に住んでいるなら一度は行っておくべきかな、と思ったので。

 やはりもっとも印象的だったのは鹿でした。お決まりの鹿せんべい。
「奈良公園の鹿は、鹿せんべいを食べなれているので見向きもしない」という噂を聞いていたのだが、そんなの大嘘。がっつくがっつく! 中には観光案内のパンフレットを食べられていた人もいた。襲われるという表現のほうが正しいように思います。
 誰が偽情報を流布したのやら。噂を鵜呑みにするのはいけませんね。
 多くの鹿たちは昼すぎになるとウトウトしだして、のんびりとしたようすがとてもよかった。午前中にメインの場所をまわって、午後は鹿と戯れつつゆっくり散策、というリズムが奈良公園にはあっているように思う。
 大仏、一連の寺など無難に見学。昼食は柿の葉寿司。

 気になったのは宮内庁が管理している正倉院。
 公開は平日のみで土日祝は開いておらず、塀の外から遠巻きに眺めるだけで精一杯だった。三連休だというのにしっかり休む神経がよく分からない。奈良の観光事業に協力する気はないということか。
 自然界は純真で人間社会は逆で、などと言うつもりはないけど、今のところ私と奈良公園を結んでいるのはのほほんとした鹿だ。率直な気持ちとしてそう思う。
posted by タチバナ at 23:38| その他

2009年03月18日

めんまさん

 デブ猫の「めんまさん」がとてもいい。

でぶねこ☆めんまさん
http://menmasan.jp/

YouTubeのめんまさんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/menmasan0416

 子猫よりも成猫、それもちょっとメタボ気味が私のツボ。やっぱりこういう人は少数派なのだろか? ま、いいんですけどね。




 養老孟司 氏のが飼っている「まる」もいい味だしてます。
posted by タチバナ at 22:43| 趣味・趣向

2009年03月15日

知恵袋

 ヤフー知恵袋などでよく「釣り質問」を見かける。

「知恵袋で釣り質問をするとどんなメリットがあるのですか?」という知恵袋での質問
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114486896?fr=rcmd_chie_detail

 私はてっきり、自身の質問に多くの回答が得られるとポイントが貰えたりして、オークションなどで利用できるというような具体的なメリットがあるから釣り質問をしているとばかり思っていた。
 しかしどうやらこの認識は間違いだったようだ。「知恵コイン」というポイント的なものがあるのだが、別に何かに使えるわけではない。換金などできるはずはなく、他のヤフーのサービスで使えるわけでもない。せいぜい知恵袋内でのグレードが上がるくらい。「得られるのは名誉のみ」というわけだ。
 反感をかう質問をして、反応が寄せられる様を見てほくそ笑む――すべてはそれだけのため。
 気のせいかもしれないが、ヤフー知恵袋では釣り質問がやけに目立つ。『教えて!goo』ではあまり見かけないように思う。どういう違いがあるのだろうか? どういう心理が働き、どんな利害関係があるのかは、私にはよく分からない。

 なんのメリットもないのによくやるよなあ、と妙に感心しそうにもなるのだが、しかしながら場が荒されたり変な問いばかりが溢れるのは、一人のユーザーとしてやっぱり困る(まあ、知恵袋を利用したこともする予定もないないので実害はないのだが)。もしかしてRMTみたいに巡り巡って実利が生まれたりするのだろうか? 気になるところだ。
posted by タチバナ at 20:47| 一言/覚書

2009年02月23日

Ozma

 自民党の若手・中堅議員の中から「麻生降ろし」の声が広がっているらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000914-yom-pol

 今のところそんなに強くはないみたいですけど。しかしこんなにすぐ反対にまわるなら、はじめから賛成しなきゃいいのに。
 いつも気になっているのが、国のトップがこんなにコロコロ入れ替わって、日本の発言力に影響はないのだろうか、ということ。毎年のように入れ替わっていて、こんなの先進国でも結構めずらしいのではないか。
 なんだかんだでアメリカ大統領は4年以上は続けている人がほとんど。頻繁にトップが変わると誰に何を言えばいいかも分からなくなる。ある程度一貫していないと批判もできない。

 それはそうと、久しぶりにOzmaを聞いた(DJ OZMAじゃないです)。たしかアメリカのバンドだったと思うけど、詳しいことは忘れてしまった。
 とても聞きやすくてほっとする。アルバムが1枚しか手元にないので、新しいのを買ってみようか。





上の曲も収録――Spending time on the borderline
posted by タチバナ at 01:25| 日記

2009年02月21日

物語いろいろ

 何日か前にヤフーニュースで取り上げられていた記事。

「文字離れ」ではなく「物語離れ」が深刻!新世代小説『ライフウィズアイドル』が狙う物語の復権

「物語離れ」が深刻なんだそうだ。そう言われてみれば小説が売れなくなって久しいし、漫画も以前の勢いはないように思う。周りを見渡すと、物語を解釈しない人が結構いるような気もする。やっぱり物語離れなんだろうか。

 そういえば、古典文学を漫画で読む、みたいなシリーズがあったように思う。『カラマーゾフの兄弟』とか『蟹工船』とか。劇団ひとりがCMをしていた。
 でもこういうのってどうなんだろう? 敷居を低くしたりエッセンスを抜き出したり、どれも対処療法な感じがする。うまく言えないけど。
『ライフウィズアイドル』で物語を復権していいものか、これまた疑問。たぶん世間の大人とか親とか、先生とか教育者とか政治家が望んでいるのは、『ライフウィズアイドル』的物語の復権ではないと思う。
 ちょっと音が出るくらいの違いなら漫画とさほど変わりないのだから、ならば『ジャングル大帝』とか手塚治虫の一連の作品を読んだほうがよほどためになるし、効果的かつ効率的。

 やっぱり活字離れのほうが深刻ではないのか。ケータイ等で文字を使っているから活字離れではないとするのは短絡的だ。今の社会は情報・コミュニケーション共に文字による情報が大半なのだから、生活から完全に切り離すことは不可能。文字を使うかどうかではなく、文字に対する積極性で判断すべき。  
  
 三国志を漫画で読んで、そこから歴史に詳しくなることがあるけど、それは歴史が伝えるべきものが基本的に情報だからだろう。小説だって情報の一種なわけだけど、でも『カラマーゾフの兄弟』の情報的な部分あるいはエッセンスだけを抽出してそれでよしとするのは、やっぱりちょっと寂しい。
posted by タチバナ at 22:04| 一言/覚書

2009年02月19日

2009年2月19日

 近所にあるカラオケ・スナックが閉店しました。店長はおばさんで、あとアルバイトが2人いるだけの小さな店。店長の自宅も近所にあり、顔見知りなので道で会ったら挨拶する。だから閉店すると聞いて残念に思いました。
 思い切ってなぜ閉店するのか聞いてみると、メディアで言われている「未曾有の大不況」だとか、「○○破綻」といったニュースを見ていて、この先これまでと同じようにやっていくのは無理ではないかと思ったから、とのこと。今までだって利益が出ていたわけではなかったが、ここに来て気持ちが折れてしまった、これ以上やるととんでもない状況に陥るかもしれない、どうせだめなら早めにやめようと思った、と。

 やはりテレビ等で過剰に「不況だ、不況だ!」と騒ぎ立てるのは悪いことです。経営状況が何も変わっていなくても、マイナス要因を叩きつけられると精神的に参ってしまう。小さな店舗の経営者なんかはなおさらでしょう。悪口を言ったって実がつくわけではないのですから。
 メディアは不況を煽ることであらゆる場所から吹き出る不満をながめ、楽んでいるように見えます。皆が楽しめるならいいかもしれないけど、でも実際にはそうしている間に、生きる糧をつみ取られる人が増え続けます。
 人類は情報を後世に伝えることで、ほかの生物よりも発展することができた。事物を伝え知ることは、豊かになること、身の回りを今より良くすること、そういう観念が根本にあるはずです。今の社会は情報は素早く伝わるけれど、それに付随すべき前向きな意思が欠けているみたいです。情報化社会の今、この国にはすでにベースは備わっているので、あとは何のために情報を伝えるかを考え直すことが必要だと思います。
posted by タチバナ at 00:23| 日記

2009年02月14日

冤罪5秒前

 1ヶ月くらい前に、はじめて警察官に職務質問をされた。ずっと前から職務質問を受けてみたいと思っていたので、念願がかなったことになる。
 男子たるもの危険なオーラを振りまきつつ、尖って街を闊歩するくらいがちょうどいいような気もするし、別に悪いことなんてしていないのだから(本当にしていません)、質問されたからといって困ることは何もない。

 夜の12時頃、飲みに行った帰り。駅から自宅へ歩いていたところをバイクに乗った警察官に呼び止められた。「やっとこのときが来たか!」と思いつつ話を聞いてみると、どうやら近所でおきた事件の犯人と私の特徴が似ているらしい。
 こうなると事情が変わってくる。私はオーラとか、身に纏った雰囲気で「あいつは危険だ」と思われたかったわけで、実際の犯人と特徴が似ているのでは、完全に犯罪者扱いである。
 身分証明書を見せたりして待つこと数分、パトカーが現れた。どうやら被害者を乗せていて、私が犯人かどうか実際に見てもらおうということらしい。


続きを読む(ちょっと長いです)
posted by タチバナ at 00:17| 心理