2008年04月26日

不安定な人は大冒険の夢を見る

メールでのリクエスト。
今回は「何日も連続で大冒険(海賊になったりロールプレイング・ゲームのように旅をしたり)の夢を見て、眠った気がせず疲れが取れません。これは変なことですか?」というお便り(全文を書くと長くなるので割愛)。

よく理由はわからないけど、なんとなく不安になったりモヤモヤしたりする感覚は、誰でも一度は体験するものですね(だと思う)。
そんなときに限って楽しい夢を見ることがあります。

血沸き肉踊るような夢、海賊になる夢とか大冒険の夢とか。
たまにこういう夢を見るのは特におかしなことではありませんが、何日も続けて冒険的なドキドキする夢を見るのは、精神的にちょっと要注意。バランスが取れていないことが多いです。

解決する方法は人それぞれですが、大抵「一人で好きなことをする」か「大勢の人と遊ぶ」かのどちらかです。
今まで自分が何をしているとき――または何をした後――リラックスできたか、振り返ってみて実行する必要があります。
posted by タチバナ at 19:04| Comment(0) | 夢診断

2007年10月14日

mamさんの夢【湖でおぼれる子供の夢】

■ホームページに送られた夢を診断いたします。
有料診断に送られたものです。

ハンドルネームmamさんから。

■メールの内容

とてもはっきりと覚えている夢で、起きた後もとても気になったのでメールさせていただきました。
夢診断お願い致します。

私は、畳の上に寝ていました。仰向けになっており、木でできた茶色い天井が見えました。
なんとなく、二階の部屋という感じがしました。

家の外から人の声がしましたが、私はあまり気にせず、そのまま横になっていました。
しかし、その声が「助けて!助けて!」という子供の女の子の声だったので、どうしても気になり、体を起こして私の左手にあった窓から外を見ました。

最初に思っていた通り、その部屋は二階にあり、窓からはかなり大きな湖が見えました。
その湖の先には、山がいくつも見え、山はきれいな緑色をしていたのが印象的でした。

いつのまにか、私は今見ていた湖のほとりに立っていました。
すると、先ほどの声の主(女の子)が、湖の中でおぼれています。
「助けないといけない!」と思って、湖に入ろうとしますが、なにか嫌な予感がして、足がすくんでしまいました。
どうすればいいのか分からず、しばらくはどうにか水に入って助けに行こうとがんばっていたのですが、ふと気付くとすでに湖の中に腰まで入っていました。
そして、私の5メートルくらいのところに、先ほどの女の子がいました。
しかし、おぼれてはいませんでした。

「さっきまでおぼれていたのに、なぜ今はおぼれていないの?」と疑問に思っていると、その女の子は男性の死体につかまって浮いていました。
女の子は、その男性のことを知っているというように感じました。
女の子は、自分は助かったのはその男性のおかげだと思っているのか、とても大切そうにその男性の死体を握り締めていました。

とにかく女の子は助かったので、私はその女の子と男性の死体を岸まで運んで行こうと思いましたが、次の瞬間には一番初めの家の前についていました。

そこで目が覚めました。

普段あまり夢を覚えていないのですが、この夢はとても鮮明に覚えています。
なにか意味がありそうで、とても気になります。
よろしくお願いします。

メール、ここまで

■なるほど。
では、夢診断に移りましょう。
続きを読む
posted by タチバナ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢診断

2007年10月13日

さっそくですが、夢診断

■まだ始めたばかりのブログですので、自分の中で勝手をつかむためにも、少し書いてみようと思います。
やっぱり、始めたばかりは緊張しますね!
ホームページとは、かなり違う感覚です。なんでだろう?

■というわけで、夢関連第一回目は、夢診断について。
先日、ホームページに送られてきたご相談を診断したいと思います。

詳しい夢診断の内容は夢診断のページに掲載しています。

知らない男性と手をつないで逃げるという夢。
投稿した女性の父親は、小さい頃に亡くなっているということで、恐らく頼れる人=父親という意識が強いのではないでしょうか。
これは、後日分かったことですが。
学校に通うことが嫌になっていたので、誰かに救いを求めていたのでしょう。

基本的に、「逃げる」、「追われる」という夢は、現実での逃避・不安などマイナスの感情と密接に繋がっています。
追われたり逃げたりする夢は、そのまま「何かから逃げようとしている」と捉えていいでしょう。

■ちょっと思い出しましたが、「夢は現実の記憶とは関係がない」という考え方があるそうです。
どういうことかというと、たとえば今回の夢のように「何かから逃げたい」という思いを持っていたとしても、それは夢の中に現れない・・・という考え方。

夢の世界は、現実とは全く関係がないという考え方です。

確かに、夢の中には物凄く奇想天外で、現実とは全く関係のないものも含まれています。
しかし、やはり基本的に普段の生活や精神状態を表していると思うのですが。皆さんはどうですか?

私は、夢占いのサイトをやっているので、よく友人・知人に「こんな夢見たんだけど、どう思う?」とか、「夢に、○○さんがでてきてさぁ〜!」みたいなことをよく聞かれます。

そんな話を聞いていると、たとえば「夜、コンビニに行く途中に月が見えて、都会で暮らしていたら月を見ることって少ないなぁ、と思っていた夜に満月の夢を見た」とか、「この人、上戸綾に似てるな、と思った日に上戸綾が出てきたり」という夢をよく聞きます。

少なくとも、近い記憶が夢に登場しやすいというのは、間違いなさそうです。

■今回、夢診断をした方は高校生ですが、とても夢占いに興味を持っているみたいですね。
いや〜うれしいことです!
何がうれしいって、ただ単純に自分と同じものに興味を持っている人がいる、ということが。
こういうお便りがあると、俄然やる気も増しますね☆
posted by タチバナ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢診断