2008年10月18日

『まだらの紐』について

 今日の昼ごろ、ケーブルテレビでシャーロック・ホームズの『まだらの紐』をやっていた。あらすじはウィキペディアを読んでもらうこととして省略。

 依頼者の姉が死際に「まだらの紐……」という言葉を残すのだけど、これは以前からかなり気になる一言として私の頭にずっと居座っている。
 命が尽きようとしているときの、ほんの僅かな時間に「まだらの紐」という言葉が出てこようとは。昔の人は言うことが雅である。私だったら「色が色々で、ウネウネしたやつ」とか言ってしまいそうだ。
 そういえば、タイタニック号の生存者のインタビューを読んだときも同じようなことを思った。冷たい海水が体に触れることを「幾千もの針が刺さっているようだった」と表現していたのだが、そんな知的な言い回しができる現代人がどれほどいるだろうか?
 「めっちゃ冷たくて、ザーッて水が入ってきたんすよ! これマジっすよ」とか、今だったらこんな感じだろう。

 まあヴィクトリア朝時代の紳士はちょっと肩に力が入りすぎているような気もするし(実際にはどうだったのだろう?)、現代のほうが力が抜けて割りに楽かもしれない。どちらのほうがいいかなんて、単純には決められないですね。

 大体においてダイイング・メッセージはわかりにくいものだけど、それにしても「まだらの紐」なんてややこしいこと言わないで、「蛇」とだけ言えば事件はもっとスムーズに解決したような気もするのだが。まあそれじゃあ面白くないわけだけど。
 『まだらの紐』はいろいろ矛盾点が多く、実は真相は別のところにあるという見解が一般的。シャーロック・ホームズの謎解きに関する本はかなり出版されているので、色々裏事情を知ることができてうれしい。シャーロキアンじゃなくても楽しめます。
posted by タチバナ at 21:00| 心理

2008年10月12日

ひとこと多いんだってば!「ヘアカット編」

 「ドラッグ・ストア編」に続き、ひとこと多いシリーズ第二段。今回はヘアカット――つまり美容室または床屋バージョン。

 今のところ薬を買う機会はそんなにないので、ドラッグ・ストアはさほど苦にならない。しかし髪は絶対に伸びるものだし、私みたいにショート・ヘアの人間は1ヶ月か2ヶ月に一度は切らないとどうしようもない髪形になってしまうので、切りに行くことになる。
 大人になると風呂と散髪が好きになると聞いたことがあるが、私に限っては今のところ散髪が好きになる兆候はない。風呂は前から好き。

 さっきも述べたように私はショート・ヘアで、ここ数年はずっとそうだ。だから髪を切るときには、もれなくショートを頼むことになる。
 それなのにほぼ毎年、この夏から冬にかけての寒くなる時期になると、「これから寒くなるのにショートですか」と言われる。はっきり言って、誰がなんと言おうと余計なお世話である。
 「寒くなる→髪を伸ばす」というくだらない二段論法が気に入らないし、だいたい客の注文に異を唱える必要がどこにあるというのか。夏にラーメン屋でラーメンを注文して、「こんなに暑いのにラーメンですか? 冷やし中華じゃなくて?」と言うようなものである。
 美容室で交わす会話の90%以上は無益なのだから、いっそのこと100%無駄話にしてしまえばいいのだ。妙に懐をさぐるようなコメントをはさむよりはずっといい。
 私個人の経験として、独立が視野に入ってきた美容師ほど、こういう心無い発言をする確率が高くなる。具体性を欠いた中途半端な野心を持っているから、引くことができないし、かといって押すこともできない微妙なラインに落ち着いてしまうようだ。
 身に覚えがあるから気持ちは分かるのだけど、それでも客商売なのだから、自分を抑えることを覚えてほしいものである。

 私にとって心地よい美容室が見つかる日はくるのだろうか? 今まで行った美容室だって、誰かにとってはとてもすばらしい店のはずだ――たぶん。ならば私にだって、という希望。
 いずれにせよ、定期的に髪を切らなければならないので、その日がくるまで私の美容室放浪記は続くのだ。チャンチャン。
posted by タチバナ at 13:25| Comment(0) | 心理

2008年10月11日

お月見は過ぎましたけど

 ちょっと前(いや、だいぶ前)になるけど、アニメ『クレヨンしんちゃん』のエンディングにかかっていた曲。

【月あかりふんわり落ちてくる夜は】


 これは静止画だけど、YouTubeを探せば動画バージョンもあると思います。
 景色が浮かんでくるようでいい曲だ。月見の季節ではなくても、月を見ると心が洗われるような気がする。気がするだけなんだけど。
posted by タチバナ at 12:42| 趣味・趣向

2008年10月07日

ひとこと多いんだってば!「ドラッグ・ストア編」

 医師からもらった処方箋を持って薬局に行ったのに、そこでまたいちいち質問されるのだけど、あれはなぜだろう? 答え如何で処方を変えるわけでもないだろうに。薬剤師業界で決まっていることなのかもしれないし、無意味に思える質問の中にも重大なことがあるのかもしれないが。

 私はメガネをかけていて、プラス軽いドライアイでもある。普段は何も感じないが、読書中あるいはパソコン作業中に、油断していると目の乾きを感じることがある。その程度。
 一般的にドライアイはコンタクト・レンズをしている人に多いというイメージだが、実はそうとは限らなくて、裸眼でもメガネっ子でも乾く人は乾く。今はそういう時代。

 眼科でドライアイと診断されると、目薬を処方してくれる。いろいろパターンがあるらしいけど、だいたい「マイティア」と「ヒアレイン」の2タイプを渡されることが多いみたいだ。私もそう。
 こういった経緯で、処方箋を持って薬局に目薬をもらいにいったのだが、はじめに書いたようにそこでまた何かしら聞かれるのだ。もちろんすべての会話が無駄というわけではなくて、用法・用量の説明は必要だし、薬局側からすれば私はお客だから(しかも常連になる可能性もあるのだから)、それなりのコミュニケーションはあってしかるべきだろう。
 「ドライアイですか?」くらいなら答えようもあるが(そうです)、「どのくらい乾きますか?」など返答が難しいことを聞かないでもらいたい(前日の豆腐くらい、とでも答えればいいのかな?)。前に行った薬局では「あなた、メガネなのにドライアイなんて、変ですね」と言われた。はっきり言って余計なお世話である。だいたい「変」という言葉が気に入らない。ひとこと多かったがために、その薬局はお客を1人失うこととなったのだ。チャン、チャン。

 未然にミスを防ぐために、むこうだってわざわざヒアリングしてくれているのだろうから、あまり煙たい顔をするのは悪い気がする。しかしながら人と人との会話が生まれる以上、ひとこと多かったりお客を不愉快にしてしまう危険をはらんでいる。薬局は接客業だ。薬剤師に限ったことではないけれど、最後には資格より人柄や人としてのニュアンスが大切なのかもしれない。
posted by タチバナ at 21:28| Comment(0) | 心理

2008年10月03日

Wait!

 ちょっと忙しいもので、サイト更新が滞り中。少々お待ちを……

 とか言いつつ、YouTubeは見てたりする。若かりしころのサザンを発見。



 なんだか仮面舞踏会に仮面をつけずに参加してしまった人を見ている気分だ。変なたとえだが。桑田さんってこんな感じでしたっけ? 今は自身を演出している部分があり、でもこの動画ではそういう面が感じられず妙に生っぽい。今日はサザンを聞きながら、なにやかや……
posted by タチバナ at 12:30| お知らせ