2008年04月28日

ため息ひと息

「ため息をつくと幸せが逃げる」と言うけれど、私はこの言葉を信じている。
自分の幸せだけでなくまわりにいる人の幸せも奪ってしまいそうな気がするし、なにより聞いたほうはゲンナリしてしまうから。私なんてため息を聞くと、ほとんど怒りに近い感情が芽生えてしまう。なぜそんなに無神経なことが平気でできるのか、と。

ネットで「ため息」と検索すると、「ため息でストレス解消」みたいなページがあった。考え方は分かるけど、でもそれはちょっと違うんじゃないの? と思う。
リラックスのための呼吸法とため息とでは、やっぱり違う。みんなダテに何十年も人間をやっているわけではないから、そのへんの違いはピン! とくる。だからあまり混同しないでほしいんですけど。

どんなに親しい関係であろうが、無神経にため息をつくのはやってはけないことの一つだと思う。ところ構わずため息をつくような人には、誰も気づかったり同意したりしないものだろうし。

それはそうと、ゴールデンウィークですね。
今までゴールデンウィークに特別な場所(旅行とか、なんとか)に行った記憶がまるでない。なんでだろう?
ま、どこに行っても人が多いから賢明な判断だったのかもしれないけど。とか言いつつ、今年はちょっとだけどこかに行って一息つこうかな、と密かに計画していたりして。
posted by タチバナ at 15:07| Comment(0) | 雑記

2008年04月26日

不安定な人は大冒険の夢を見る

メールでのリクエスト。
今回は「何日も連続で大冒険(海賊になったりロールプレイング・ゲームのように旅をしたり)の夢を見て、眠った気がせず疲れが取れません。これは変なことですか?」というお便り(全文を書くと長くなるので割愛)。

よく理由はわからないけど、なんとなく不安になったりモヤモヤしたりする感覚は、誰でも一度は体験するものですね(だと思う)。
そんなときに限って楽しい夢を見ることがあります。

血沸き肉踊るような夢、海賊になる夢とか大冒険の夢とか。
たまにこういう夢を見るのは特におかしなことではありませんが、何日も続けて冒険的なドキドキする夢を見るのは、精神的にちょっと要注意。バランスが取れていないことが多いです。

解決する方法は人それぞれですが、大抵「一人で好きなことをする」か「大勢の人と遊ぶ」かのどちらかです。
今まで自分が何をしているとき――または何をした後――リラックスできたか、振り返ってみて実行する必要があります。
posted by タチバナ at 19:04| Comment(0) | 夢診断

2008年04月25日

コブラと田口ランディ

コブラという映画で主役のシルヴェスター・スタローンが演じる主人公はマリオン・コブレッティという名前だった(ちなみにこの映画のいかにも80年代という感じが好きです)。
「この名前のせいで子供の頃いじめられたのさ」みたいなことを言っていた。マリオンは女性の名前だから。

作家の田口ランディさんって、女性だったんですね……。
一度も作品を読んだことがないので、もちろんプロフィールも見たことがなかった。先日、古本屋で手に取った彼女の本を見て女性だと知りました。
いや、だってねぇ。
ランディっていえば普通、男の名前じゃないですか。ランディ・ジョンソンとか。田口ランディさんが女性であることで私がなにか困ることがあるわけではないけど。
もしかしたら「マリオン」と「ランディ」は日本でいう「ヒロミ」みたいに、男性・女性どちらが使ってもおかしくない名前なのだろうか?
posted by タチバナ at 03:18| Comment(0) | 日記

2008年04月20日

美容室の満足度について

今日、髪を切った。
髪を切るのはわりと好きなほうなんだけど、いざ切りに行くとなるとなぜか億劫な気持ちになってしまう。なにからなにまで、つまり100%の満足度を得られる美容室を見つけるのはなかなか難しい。毎回のようにどこか腑に落ちない部分がある。
そのへんが億劫な気持ちの原因ではなかろうか、という推察。

続きを読む
posted by タチバナ at 21:18| Comment(0) | 日記

2008年04月15日

101回目

これはすごいことですね。

SalesforceとGoogleが企業向けアプリケーション分野で提携

ビジネスシーンは確実に進化している。しかも最近そのスピードが今まで以上に加速しているようだ。

しかしながら、ツールはあくまでツール。
道具を使って何をやるかは、基本的に脳みそで考えるしかない。CGの技術が進んでも映画のストーリーは人間が考えるしかないように。

今までだってそうですけど、これからはさらに<知っているものが得をする>時代になりそう。知識社会ってことなんですかね。
posted by タチバナ at 15:07| Comment(0) | 雑記

2008年04月10日

100回目!

この記事は100回目の記事です!
いやー、「サイトの情報とか、その他をグダグダ書ければいいかなぁ」なんて思いながら始めたブログでしたが、とうとう100回も更新してしまった。
ちなみに、人間が10進法で考えるのは――そして10で区切るとキリがいいと思えるのは――指が10本だからだそうな(という説がある)。

こういうちょうどキリのいい時というのは、妙に何を書いていいものやら分からないものですね。まともなことを書こうとしても、どうも肩肘をはっているように感じてしまうし、だからといってどうでもいいことばかり書くのもなんだか……(今さら言ってもしょうがないか)。
小学校を卒業する年、その学校がちょうど100周年で、つまり私達の学年が100回目の卒業生でした。
そりゃもう学校は気合が入って、<あれもやろう、これもやろう!>と大騒ぎだったんですが、結局今でも記憶に残っているのは、無難に卒業式をしている風景だったりする。
キリがいいからといってあまりゴチャゴチャとしないほうが潔くていいのかもしれない。
卒業式やブログに限らず何事においても。

それはそうと、やはり継続は力である。
なかには一夜にして億万長者になる人もいるし(たとえば、ジェイコム株事件で一瞬にして20億円を稼いだ、通称:BNFとか。まあ彼/彼女? はそれ以前にもかなり稼いでいたみたいだけど)、とにかくわずかな時間や労力で大きなものを手に入れることができる場合も、たしかにある。
でも、そんなふうに一瞬にして手に入れられるものといえば、せいぜいお金くらいではなかろうか? とも思う。もちろん生きるうえでお金はメチャクチャ重要なものなのだけれど――ほしい――、だからといって人生のすべてがお金だとも思えない。またお金に限らず、「私の人生=ホニャララ」という、なにか1つに依存する生き方とは、それはそれでいかがなものか。

あくまで個人的な意見でしかないけれど、心から欲しいと思っているものはなにかを継続することでしか得られないものばかりだ。目標だとか夢だとか、第三者からの認証(あいつはイイヤツ・凄いヤツ)だとか、愛情だとか、能力だとか、その他。
現実的には、そりゃ叶わない夢というのも(得られないものというのも)あると思う。でも継続さえすれば確実に近づくことはできるわけだし。たとえそのプロセスが最終的に敗北するための道筋にしか過ぎない虚しいものでも、そこで得られるものもまた、継続することでしか得られないのではないだろうか、なぁ、なんて。
とか言ってはみたものの、やはりお金は欲しいですよね、という金銭欲で締めてみたブログ100回目。
posted by タチバナ at 16:54| Comment(0) | 日記

2008年04月07日

ライブドアのトップページも変更

ヤフーに続き(グーグルもちょっと変わったけど)、ライブドアもトップページがガラッと変りました。

ニュースの記事によると、ブログに重点を置いているのだとか。たしかにブログ関連のものが多いです。

ヤフー+エキサイトみたいだなぁ、というのが全体をザックリ見た感じの印象。あとCNNテイストも少し。
3カラム(全体が3列に別れている)のスタイルが、一番ポータルサイトに適しているのだろうか?
こういう何気ない、ちょっとした配置に大きなヒントが隠されているかもしれない。たとえば、法人向けサービスは左下が反応がいいとか、右上の広告は実はクリック率が低いとか(それはないか)。
など、もしかしたらなにかヒントがあるかも。

くわしい分析はプロの仕事なので私はノータッチ。
ライブドアのニュースはたまに深く”へぇ”と思ってしまう記事があるので、私は結構好きです。
posted by タチバナ at 23:54| Comment(0) | 趣味・趣向

2008年04月03日

なんとか力検定とか

<あなたの『なんとか力』はどのくらい?>みたいなコーナーを、ビジネス雑誌でよく目にする。
自分でチェックを入れていくのが多いですね。

先日、古い雑誌を整理しているときに目に付いたのが、<あなたの営業マン適性検査>というやつ。
「お酒の席では、積極的にお酌をするほうだ。Yes or No」とか「名刺交換などのマナーはしっかり身につけている。5.4.3.2.1」だとか。

ふーん、とか思いながら読んでいると、「楽しいジョークを交えて自己紹介ができる。Yes or No」というチェック項目が目に入ってきました。

これに、Yes! と答える人ってどうなんだろか?
飲み会の席でジョークを交えて自己紹介している営業マンの姿を想像すると、どうしても薄ら寒い光景しか目に浮かばないんですけど。
まあ、自信があるのはよいことだけど、少なくとも私はそういう人とは友達になれそうにない。
だから私は「この項目にYesと答える人とは友達になれないから、私自身はNoにチェックを入れる」というちょっと逆説的答え。

それにしても、営業マンというのはジョークがうまくないとやっていけないものなのかな。それとも、クッキーの抜き型みたいに、無理やり営業マンという容器で心身を固められてしまうのだろうか。今度誰かに聞いてみよう。
posted by タチバナ at 16:01| Comment(0) | 趣味・趣向

2008年04月02日

メガネがこわれた!

携帯サイトも完成してひと段落と思っていた矢先、メガネがこわれてしまった……。
家でしか使っていなかったものなので(メガネをかけている人は大抵、家専用メガネを持っている!)、まあギリギリセーフなんですけど。

クリーナーで拭いていると、ポロっと部品が取れてしまった。金属でできているので、恐らく疲労がたまったのだと思う。
よく考えてみれば、このメガネはかれこれ7年くらいほぼ毎日使ってきた。それを思えば今までよく耐えたと思う。ごくろうさま。

えー、今とりあえずこわれたメガネをかけてブログを書いています。毎日触れていたパッドがなくなって、とても気持ち悪い! 新しいメガネを買いにいかないと。
しかしメガネを買うというのは思いのほか難しくて、一度店に入るとあれでもない、これでもないと数時間は悩んでしまうことなんてザラだ。
最終的に、<過去最高に似合っていたメガネに似ているやつ>を選ぶことになり、結果的に似たようなメガネばかりが揃うことになる。
かといって下手に冒険してしまうと、数日後に激しく後悔する羽目になる。
まったく、やれやれだ。

というわけで、今週末はメガネを買うことになった。今からどれにするか品定めしておこう。
posted by タチバナ at 16:21| Comment(0) | 日記